MENU

ハウスクリーニングの義務は無いが綺麗にしておかないと価格が下がることも

リガイド不動産一括査定などを利用して不動産会社に見積もり査定してもらったところ、思っていたよりも価格が低かった、というケースがあります。その大きな理由のひとつに部屋が汚かった、特に水まわりが汚れていると査定額が悪くなる場合があります。これは交換に費用がかかるかもしれないと敬遠されるからです。

 

 

 

そこで最近では不動産会社から査定を受ける前にハウスクリーニングを利用する方が増えてきています。なかなか水まわりやキッチンの掃除は素人では難しい部分があります。また専門の薬剤やグッズを使わないと思うように綺麗にならないことの珍しくません。しかし、ハウスクリーニングに依頼すれば自分は何もしなくてもまるで新品のように綺麗になるため査定の印象もよくなりますし、購入を希望する方も増えます。

 

 

 

見学に来るお客さんは比較的短い時間の間にできるだけ細かく物件をチェックする必要があります。そうなるとポイントを絞ることが多く、特に水まわりは必ず見られる場所です。ハウスクリーニングは必須、義務ではありませんが見られることを意識するのなら自分で掃除をする、あるいはハウスクリーニングを使って美しい状態をキープしておいた方がよいでしょう。

 

 

 

ただし、せっかくハウスクリーニングをしたのに買主の都合でリフォームされることもあります。そうなると間取りが変わったり、新しいシンクや浴室に変えることもあります。このあたりはその時にならないと分からないことですので、自分の手で掃除することも視野に入れておきましょう。

 

 

 

なお、リガイド不動産一括査定に登録している不動産会社のいくつかはハウスクリーニング業者の紹介も行っているのでこれらを活用すると安い値段で利用できる場合もあります。

 

リガイド不動産一括査定

 

今すぐリガイド不動産一括査定を利用してみる

 

リガイド不動産一括査定公式ホームページへ