MENU

住宅ローンが残っている不動産でも任意売却なら売却できることが多い

一般的に言われているのが自宅の売却をする場合、住宅ローンが残っていると売却することができないとされています。完済していれば問題ありませんが、リガイド不動産一括査定など極力高値で売却できるようなサービスを利用しても住宅ローンをすべて返済することができるとは限りません。

 

 

 

例えば、2000万円のローンが残っており、リガイド不動産一括査定を利用して1800万円で売却することができたとします。しかし残り200万円+仲介手数料や印紙代などの諸費用がかかってくるためこれらの分も踏まえた上で売却する必要があります。差額の残額はもちろん債務として残り続けるわけですので、少しでも高く売却できるように工夫するべきです。

 

 

 

リガイド不動産一括査定なら一度の情報入力で200社以上の不動産会社から条件があっている場合見積もり査定を受けられます。これらの中で最も高値で売り出す、あるいは信頼できるところを選ぶことが少しでも高く売却するためのポイントとなってきます。

 

 

 

もしも不動産を売却した上でローンが残っている場合はこれを返済し続けていかなくてはなりません。そこで多くの方が利用しているのが売却です。こちらは保証会社や債権回収会社が銀行をはじめとした住宅ローンを行っている債権者に対してローンの残額を代わりに支払ってくれます。

 

 

 

そして債務者は代わりに払ってもらった分を保証会社、もしくは債権回収会社に支払うという流れです。これを利用することで以前よりもゆったりとしたペースで返済できたり、場合によっては債務が圧縮される場合もあります。とはいえ生活状況や収入に応じて債権者が決めることですので必ずしも返済金額が圧縮されるとは限りません。

 

リガイド不動産一括査定

 

今すぐリガイド不動産一括査定を利用してみる

 

リガイド不動産一括査定公式ホームページへ