【2020年】ネット証券 手数料安いのはココ!【3選】

株式売買のサムネイル

手数料が安いネット証券が知りたい方向けの記事です。

株式売買を始めたい!という人の中で、どのネット証券に口座開設したらいいかわからない方いますよね。

「ネット証券」と検索しても山のように出てきてよくわかりません。

最初は、有名ネット証券の手数料を各社比較していき、そんな中で手数料が安いネット証券3社をご紹介します。

各社が行っているキャンペーンもあわせてチェックし、お得に株式売買を始めましょう。

ネット証券手数料比較表

1日の取引合計額にかかる手数料(現物取引)
会社名 株式売買手数料(税込)  
10万まで 20万まで 50万まで 100万まで 300万まで
 SBI証券 0 0 0 838 1718

SBI証券[旧イー・トレード証券]

楽天証券

0 0 0 943 3300  
松井証券 0 0 0 1100 3300

岡三オンライン証券

0 0 0 880 1980  
ライブスター証券 440 440 440 660 1540

GMOクリック証券

234 305 438 876 1691  
au株コム証券  
DMM 株 【DMM 株】口座開設
マネックス証券 2500 2500 2500 2500 2500  

※au株コム証券・DMMは1注文の取引金額によって手数料が変わります。

1注文の取引金額にかかる手数料(現物取引)
会社名 株式売買手数料(税込)  
5万まで 10万まで 20万まで 50万まで 100万まで
SBI証券 55 99 115 275 535 SBI証券[旧イー・トレード証券]
楽天証券 55 99 115 275 535  
松井証券 0 0 0 0 1100
岡三オンライン証券 108 108 220 385 660  
ライブスター証券 55 88 106 198 374
GMOクリック証券 96 96 107 265 479  
au株コム証券 99 99 198 275 1089  
DMM 株 55 88 106 198 374 【DMM 株】口座開設
マネックス証券 110 110 198 495 1000~1500  

※松井証券は1日の取引合計額によって手数料が変わります。

株式売買手数料には1日の取引合計額1注文の取引金額によって変わる2通りの払い方があります。

手数料が無料なのは1日の取引合計額が50万円以下かつ、SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券を利用する場合です。

取引をしたことがない方はこの4社の中から選びましょう。また、口座開設費口座維持費出金手数料基本無料なので安心して口座開設の申し込みができます。

その中でも、おすすめのネット証券を3社まとめたので確認しましょう。

手数料が安いおすすめネット証券3社

1. SBI証券 : 取り扱い銘柄数業界No.1!
2. 楽天証券 : 初心者安心の楽天グループ
3. 松井証券 : サポート体制が充実

1. SBI証券

  • 1日の取引合計額が50万円以下ならば手数料無料
  • 取り扱い銘柄数業界No.1
  • Tポイントが利用可能
No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

2. 楽天証券

  • 1日の取引合計額が50万円以下ならば手数料無料
  • 口座開設から最長2ヶ月間手数料全額バックキャンペーン(3月まで)
  • 楽天銀行・楽天カードが利用可能でポイントがたまる

3. 松井証券

  • 1日の取引合計額が50万円以下ならば手数料無料
  • 高い評価を受けている初心者も安心のサポート付き
松井証券ではじめる株式取引

まとめ ネット証券はほとんど無料でできる

口座開設費・口座維持費が無料のネット証券は多いです。

さらに1日の合計取引額が50万円以下ならば株式売買手数料さえも無料なので、利益が減ってしまうわずらわしさも無し!

この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。